読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツェッペリンが安い店です

人気
その頃は家庭用録画再生器はまだありませんので、ライブ映像が市販される媒体がなく、テレビか映画館で見る事しかできませんでした。昔から見たかったのですが!評判がいまいちだったので購入を躊躇していましたが!千円程度で売っているのをいまさら発見して購入しました。ライブ映像であることには違いは無いが!実際はドキュメンタリー映画だったもののようで!演奏部に入るまでに別の映像があったり!演奏中にライブ映像とは関係のない映像が入ってきたりして・・・演奏自体は悪くは無いが・・・映像音源がこれだけだった時代はともかく!現在!他にも映像音源があるのであれば!価格以外に評価できる点はないだろう。

これっ♪

2017年03月14日 ランキング上位商品↑

ツェッペリンレッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ [ レッド・ツェッペリン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

現代的には!「ライブ音源そのままの長編PV(40年前の)」と思ってご覧になるといいのかな?ウィキペディアの『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』の頁に映画製作の詳細情報あり。お薦めします。今は音楽機材も映像技術も進歩して、絵も音もきれいになりましたが、こういうシンプルな音に接するのもまた楽しです。このDVDを人に貸して何処にいったか、随分前の映画ですが想い出のある映画でこれを機会に人に貸さないようにしたいと思います。ボンゾが亡くならなかったら次々と作品が出せたのに・・・今聴いても、カッコイイ曲造りをしていたと思います。主観と思い入れで星5(笑)これまでは1週間くらい待たされるブックスなのに!到着が早かったのもよしです。。この廉価盤が出ているのは知っていましたが、いつもお安くなる時期をのがしていました。もともと映画だったみたいでちょっとしたお芝居が曲の合間にでてくるのはかなりイマイチですが、演奏シーンは鮮明な画像もあり悪くないです。多感な?思春期時代に戻れるライブ映像です。久しぶりに見たくて買ったけど!やっぱりスペシャルエディションにすれば良かった・・・レッド・ツェッペリンの大ファンという訳でもなく!また!この「狂熱のライヴ」がどういう作品であるのかもよくわからず!ライブ映像だとばかり思って購入して少しとまどった。(現代の)ライブDVDと間違える方もいるそうですね。この作品は40年前の映画です。それで、こういう、現代では紛らわしいタイトルが付いたのでしょう。当作品について調べた上、それでも欲しいというのでなければ、手にする価値はあるのか、と考えてしまった。ジミー・ペイジロバート・プラント!冴えてます。